謄本の閲覧請求

“離婚に関する書面の中で、内容証明郵便というをご存じの方もいらっしゃると思います。
誰が誰にどんな内容の文書を送付したか証明してくれるもので、法的な権限はなくても少なくても、相手か方への圧力となることは間違いないでしょう。

書き方については、インターネットなどを参考にしてもらうとわかります。
文字数や行数に制限(縦書きの場合/1行20字以内、1枚26行以内 横書きの場合は、1行26字以内、1枚20行以内または1行13字、1枚40行以内)がありますので間違わないようにしましょう。
又、使用できる文字はひらがな・カタカナ、漢字、数字、固有名詞の英字です。

 

 

相手方に送るもの、郵便局保管用、差出人保管用と同じ文書を3通用意する必要があります。
どこから出せばいいのかは、郵便局であれば、どこの郵便局でもかまいませんが、必ず「配達証明付で」と指定します。
この時①「書留・配達記録郵便物受領証」②「内容証明郵便の謄本」と2~3日後に送られてくる③「郵便物配達証明書」は大切に保管しておきます。
但し、一度出した内容証明は撤回できません。

 

 

手続きされた内容証明郵便は5年間郵便局に保存されています。
必要の時には、差出郵便局に「書留・配達記録郵便物受領証」を提示すれば差出人は②の閲覧請求ができます。
たとえ、②か①を提示すれば5年間に限り交付してくれます。
又③を紛失したとしても①を提示すれば、差出日から1年以内に限り請求できます。

 

Filed under: 未分類 — siryou 1:34 PM