内容証明の書き方

日本郵政公社が取り扱っている特殊郵便の一種に、内容証明があります。

 
これは、いつ、誰が、どのような内容の手紙を出したのかを、郵便局が証明してくれるというものです。この証明があれば、契約の解除や取消し、債権譲渡や相殺、時効の中断などのケースで、相手に「そんなことは聞いていない」、「知らない」などと言い逃れをされることもなく、将来的なトラブルを未然に防ぐことが可能です。また、裁判で戦う際には、強力な証拠として役立ちます。

 
この証明の書き方には、一定の決まりがあります。使用する用紙については、専用の用紙が販売されていますが、絶対にこれを使用しなければならないわけではなく、原則として用紙の大きさや材質は自由とされています。一般的には、B4またはA4サイズのコピー用紙が使われています。ただし、差出郵便局で5年間保存されるので、FAX感熱紙等の保存に耐えられない用紙は使用できません。また、枚数に決まりはなく、何枚になっても構いません。複数枚になる場合は、1部ごとにホチキスで綴じ、すべてのページとページの繋ぎ目をまたいで押印をする決まりがあります。

 
さらに、1行あたりの文字数と1枚あたりの行数には制限があり、一般的には1行あたりの文字数は20字以内、1枚あたりの行数は26行以内という書式が使用されています。

 
この証明は、送りたい相手方が1人の場合、同じ内容の文書を3部作成します。1つめは相手へ発送するもの2つめは、郵便局に保管されるもの、そして3つめは自分の保管しておく控えになります。内容さえ同じであれば、手書きやコピー、複写などどのような方法で3部作っても問題ありません。

Filed under: 未分類 — siryou 1:33 PM