公正証書手続き後にすること

離婚公正証書は離婚協議書ともいわれ離婚のときにお互いに話し合って取り決めた約束事を書面にまとめたものをいいます。協議離婚の場合手続きが簡単なため心情的なものも手伝って急いで離婚を成立させることが多いのですが、離婚後にトラブルが発生したときにかえってもめることになります。
これを防ぐため離婚前にきちんと話し合っておく必要があります。その内容は公的な書面として残しておくことが大事です。法的には離婚届の提出と公正証書の手続きはどちらが先という制約はありません。

 
なので、離婚の公正証書は離婚届の前でも後でも作成できます。しかしもし、先に細かな話し合いをせずに離婚届を出した場合、離婚が成立してしまっているので話し合う機会が少なくなったり、相手側の考えが違ったときにこちらの言い分が聞き入れられにくくなったります。
公正証書は、時間も手間も費用もかかりますが、離婚後の安心感は、これには代えられません。必ず先に作成しておきましょう。

 
公正証書手続き後にすることとしては、強制執行をする側の人は、相手側に公正証書の謄本を送り届けておきます。そうしておかないと相手の所在が分からなくなった場合に届けられずに苦労することになります。
相手側が取り決めを無視しないためにも確実に渡す必要があります。

Filed under: 未分類 — siryou 1:31 PM